『ゆる ゆる インテリアトーク』2023年12月

目次

今年もありがとうございました。

今年もみなさまにお世話になり、ありがとうございました。

振り返りますと、私は生きていく上で「学び」や「気付き」が多くあった一年のように感じています。

仕事の上では、ちょうど今月にスペイン大使館で開かれました「SIESTAに学ぶ時間のデザインとこれからのワークスタイル」セミナーに参加する機会がありました。

貴重な学びをいただきましたので、少しお話してみようと思います。

                           ■「小春日和」のある一日。

先日、某ヨーロッパのテキスタイルメーカーへ問い合わせしたところ、

すでに休暇に入っていて、年明けのスケジュールもゆっくりで、問い合わせの回答待ちとなってしまいました。

ヨーロッパは、バケーションやホリデーが長期期間あり、家族や仲間とのプライべートを重視した生活です。「シエスタ」もランチの後、少し休憩したり、くつろいだりする時間だと聞いています。

自分がスペイン人であったら、イタリア人であったら、なんて想像できませんが、

人間性や人生はまったく異なるでしょう。

                      ■今年夏に訪れた金沢21世紀美術館

ただ、今では、本場のスペインでも「シエスタ」の時間としては、

一般認識としてはどんどん短くなっているようで、以前は、家に戻り食事をとったり、

2時間ほど休憩するスタイルは、今では短なんてことは珍しいとのことでした。

(アトリエ・コブフジ 代表 / 芝浦工業大学建築学部 准教授 小塙 芳秀氏)

「SIESTAに学ぶ時間のデザインとこれからのワークスタイル」

Lighting ’’Compass ’’

会場地下では、スペインインテリアメーカーの新作が展示されていました。

参加前は正直、このタイトルはピンとこなかったのですが、
セミナー後のパーティの際、秋和氏とお話するチャンスがありお話を伺いました。

(株式会社 環境計画研究所 代表 秋和 悟之氏)

この「シエスタ」という言葉は、時間をデザインする概念であり、

言い換えると、余暇(レジャー、エンターテイメント)のような解釈だそうです。

私は帰宅後も数日間、ずっと考えていました。

そして、ついに、私はこの理解から答えらしきものを導き出せました。

[一度立ち止まり、楽しむ、生きる方法をゆっくり考える、深呼吸して前に進む]

コロナ禍から新しい時代へ大きく動いています。


今一度、ゆっくりこれからのこと考える年末になりそうです。

では、みなさま。よいお年をお迎えくださいませ。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

Ref.主催:スペイン大使館経済商務部主催 
会場:スペイン大使館 会期:2023年12月14日(木)

SHERE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次